ハイドロキノンの使い方│美白にUV対策は必須です

ハイドロキノンクリームによる美白ケア - 紫外線に要注意!

肌老化は紫外線による影響が大きいと言われており、お年を召されたご婦人たちの中で同じ年齢なのにかなりの差があることがあります。一方は色が白くてシワが少ない、一方は色が黒くてシワが多い。

これは肌細胞の老化だけじゃなく、紫外線がどれほど大きな影響を与えているかわかる例えです。つまり、紫外線は肌を老化させると同時に、色を黒くさせ肌を乾燥させてシワも作ってしまうということです。

紫外線対策。今では当たり前になりましたが、便利に暮らしている中で怠りがちになることもあります。空調の効いた室内にいると、差し込んでくる紫外線にむとんちゃくになります。車内だってそうです。

美白に成功したからといって、そのような場面でも気をつけなければならないということです。紫外線は肌にあるコラーゲンを破壊します。それによって弾力を失いシワの原因ともなりますが、美白に対しても悪い影響を与えています。

美白に成功するには正常なターンオーバーが求められますが、コラーゲンが破壊されてしまうとその周期はかなり伸びてしまいます。つまり、肌の奥に潜んでいるメラニンが押し出されにくくなっている状態となります。

美白ケアをするのなら、生活の中で浴びる紫外線にむとんちゃくになってはなりません。ちょっとの時間だからとUV対策もせずに洗濯ものを干したり、ちょっとそこまでだからと日傘のみで外出をするなど。

日焼けというと、肌が赤くなりパリパリに乾燥し、ヒリヒリと痛むというイメージですが、生活の中で浴びる紫外線はそこまでいかなくても皮膚の奥にはしっかりと入り込んでしまっています。ターンオーバーのサイクルが早いと、そのダメージはすぐに修復されますが、ある程度の年齢からは修復が間に合わず、そのまま蓄積されてシミを作り出してしまうのです。

美白ケアをするのなら、その成分が入ったスキンケアを行い、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの順にメイクをするようにしてください。衣服で隠れない部分にも美白ケアを施し、日焼け止めを塗るようにします。

秋から冬は美白ケアのチャンス

紫外線は曇っていても雨の日でも降り注いでいます。真夏にジリジリと指すような紫外線の量ではありませんが、日が落ちた夜以外、どんな天気でも、冬でも紫外線は降り注いでいます。じゃあ、なぜ秋から冬は美白ケアのチャンスなのでしょう。

それはズバリ、「保湿ケアと紫外線量の低さ」が関係しています。少し寒くなると皆さんこぞって保湿ケアをされます。肌の乾燥が気になるからです。美白のために欠かせないのは肌を潤すことですが、それが保湿ケアということになります。夏に比べ保湿ケアを十分に行うのは女性共通かもしれません。男性だって冬はクリームをつけるほどです。

ただ、女性がスキンケアで行っている保湿は、保湿成分が入った美容液を使い、その後にクリームを塗ります。保湿成分がきちんと浸透するように美顔器を使われる方もいます。秋から冬にかけてだと保湿対策をしっかりと行いますので、そこに美白成分をプラスすれば、紫外線量の少ない季節だと効果は高く出るのです。美顔器を使う際に美白成分をプラスするのも良いことです。

ただ、雪深い地域の方によっては、夏よりも冬のほうが焼けるとおっしゃいます。雪に太陽の光が反射するためです。しかし、夏よりも日が短くなりますので、レジャーでスキーをされない限りあまり心配はありません。非常に寒いですので、防寒対策のため、頭から体を衣服で包んでいるからです。

夏に浴びてしまった紫外線。それによって蓄積されつつあるメラニン。それを早く追い出してしまうには、保湿対策をしっかりと行うことです。肌の新陳代謝を促すことができれば、美白の効果はさらに高まります。

美白化粧品で肌が乾燥するとおっしゃる方もいますが、どのような成分が保湿をし、どのような成分が美白に良いのかを知ると、化粧品選びも失敗しにくくなります。一つに保湿成分と美白成分が配合されたものではなく、別々の機能をもった美容液や化粧水を選ぶのも良いでしょう。役割を知って選ぶと失敗がありません。