シミを防ぐにはお肌の水分量が重要!

シミを予防するための保湿対策

お肌には潤いがとても大切です。水分が不足すると、見るからにカサカサの状態になりますが、それだけではなく、様々な影響が生じてしまうのです。もちろん、シミもできやすくなります。

お肌が乾燥した状態では、バリア機能も低下しています。ですから紫外線によるダメージも、通常のお肌より受けやすくなっているのです。同じ紫外線の量を浴びても、乾燥肌の人はよりダメージを受けやすく、シミもできやすいので要注意です。

お肌が乾燥しても良いことはありませんので、潤いを絶やさないように気を配って生活しましょう。 とくにオフィスや室内で過ごす時間が長いと、空調によってお肌が乾燥しやすくなります。加湿器で湿度を調整したり、自分で時々顔に化粧水をスプレーするなどして、湿度を保つようにしましょう。

乾燥するとシミやシワができやすくなりますし、そのうえ加齢による老化現象もあらわれやすくなってしまいます。また入浴時は水分補給をするチャンスですから、ぜひ湯船に浸かってお肌に潤いを与えましょう。ただのお湯よりも、保湿成分入りの入浴剤を入れた方が水分がお肌に浸透しやすくなります。

入浴後はただちに水分を補いましょう。保湿用のスキンケア用品を日常的に使うとより効果があります。入浴してからしばらくゆっくり過ごしていると、どんどん乾燥によってお肌がダメージを受けますから、すぐに保湿することが大切です。

もし市販の化粧品をまめに使用しても乾燥が抑えられないようなら、皮膚科を受診して、乾燥対策用の医薬品を処方してもらうことをおすすめします。保険が適用されるのでそれほどお値段を気にすることもありませんし、保湿効果はかなり高まるからです。

乾燥を放っておくと、お肌の老化が早まったり、症状がひどくなると皮膚病にかかる恐れもあります。面倒だと思わずに、一度病院に行ってみた方が安心でしょう。

またすでにシミができている場合は、レーザー治療など有効な治療を受けることもできます。他にもイオン導入やケミカルピーリングなど、シミのためにできる治療はいろいろありますので、医師に相談してみることをおすすめします。

↑ PAGE TOP