シミや肝斑を解消するには何が有効なのでしょうか?

シミや肝斑ができる原因

若い頃は何の肌トラブルもなかったという人でも、 年齢を重ねていくうちに様々なトラブルを経験していきます。 シミもその一つ。 気付いたらお肌にぽつんと出現していて、 目立つだけに悩んでしまうものです。

実は、シミができたと思っている人の中には、 肝斑(かんぱん)であるケースも多いようです。 シミと肝斑は見た目がとてもよく似ているのですが、 対処方法は異なります。 シミを取りたいと思ってレーザー治療を受けたり、 あるいはケミカルピーリングを行っても、 肝斑には効果がなく、悪化してしまうこともあるのです。

シミと肝斑の違いですが、実は専門家でも 見分け方が難しいと言われています。 一般的に肝斑は顔の左右対称にできることが多く、 頬骨付近にあらわれる傾向があります。 思い当たるところがあれば、肝斑の可能性が高いと言えるでしょう。

一般的にシミは紫外線が大きく関係していると言われます。 無防備に紫外線を浴びる人は最近は少なくなっていると思いますが、 日常生活の中のちょっとした隙に多少は浴びてしまうものです。 でもそれだけではなく、ホルモンバランスが崩れたり、 ストレスを感じることでもシミや肝斑ができてしまいます。 またニキビ跡やお肌への刺激が原因で色素沈着しているものも、 シミと同様に悩みの種になってしまいます。

また遺伝的な要素もあるので、身内にシミや肝斑ができている場合は ある程度覚悟しておいた方がいいかもしれません。 多くの女性がシミや肝斑に悩んでいますが、 その原因に皮膚の薄さがあります。 皮膚が薄くデリケートであるにもかかわらず、 女性はメイクをしたり、お肌のお手入れをしたりして、 皮膚に触れる機会が多いのです。

もちろんメイクやスキンケアは女性にとって 必要なものですから、これを疎かにするわけにはいきません。 でも力を入れて顔をこすってしまったり、 お肌に負担をかけるようなスキンケアをしていると、 近い将来シミに悩むことになりかねません。 スキンケアは優しく正しい手順で行い、 なるべくお肌に負担をかけないことが、 シミや肝斑を防ぐコツとなるでしょう。

↑ PAGE TOP