目元のクマを解消してマイナス5歳を目指す!

目元のクマを防ぐには

目元は顔の中でもとくに年齢があらわれやすい部分です。 シワができたりシミができたり、あるいはクマができてしまうと、 一気に老けた印象を与えてしまうので要注意です 人と話をする時も、目を見ることが多いので、 シミやクマなどのマイナスポイントにもつい視線が行ってしまいます。

見るつもりはなくても、目に入ってしまうんですよね。 人のことが気になるということは、自分も人から じっくり目元を見られているということです。 目の下のクマは、寝不足の時や疲労がたまっている時に よくあらわれます。クマができにくい人もいますが、比較的クマができやすい人は、 なるべく規則正しい生活をして、クマを防がなければなりません。 そうはいっても、忙しい現代人には難しいことでもありますよね。

ところで、クマといってもいろいろなタイプがあることを ご存知でしょうか? クマの色もいろいろあるのです。 青いもの、茶色っぽいもの、黒いものなどです。 それぞれに原因が異なります。

まず青っぽいクマですが、これは睡眠不足の時などに よく起こります。 このクマが出たら、なるべくゆっくりして、睡眠をたっぷりとると 回復することがあります。 また血流の悪さも青いクマの原因になりますから、 お風呂に入ったり、温めたタオルを目に当てて、 血行を促進すると良いでしょう。

次に茶色っぽいクマですが、これはシミに近い要素があります。 つまり、何らかの原因でメラニン色素が沈着しているのです。 目の付近のメイクがよく落ちていない状態が続き、 汚れが蓄積していることも考えられます。 アイメイクはとくに念入りに落とすようにしましょう。

そして黒っぽいクマですが、これは涙袋が陰になって できていることが考えられます。 あまり気にする必要はないかもしれませんが、 気になる方はサプリメント等でコラーゲンを補うと良いでしょう。

目の周りの皮膚は薄いのにもかかわらず、 メイクをしたり、手でこすってしまうなど、刺激を受けやすい 部分でもあります。 クレンジングの時なども皮膚が薄いことを考慮して、 優しく触れるようにすると、負担が少なくなります。

↑ PAGE TOP