美白化粧品には、メラニンを抑制する効果があります

メラニンとシミの関係

メラニンというと、どんなイメージがあるでしょうか? 一般的には、日焼け等によってメラニンが増え、 それがシミの素になるという認識があるので、 メラニンは邪魔者であるかのように思っている人が多いかもしれません。 でもメラニンは有害な紫外線から体を守る大切な 働きをしてくれるのです。

紫外線を浴びてもメラニンが作られないと、 炎症を起こしたり、皮膚がんになってしまう恐れがあります。 それを防ぐために、体内ではメラニン色素が作られるのです。 つまり、メラニンが作られることによって皮膚がんなどの 恐ろしい病気を予防しているわけです。

このメラニンは、通常は皮膚の奥からだんだん表面に押し上げられます。 やがて角質へと変化し、ターンオーバーにより垢となって 排出されるのです。 でも作られたメラニンの量が多過ぎたり、ターンオーバーが うまくいかずにメラニンが体内に残ってしまった場合、 シミとなってしまうのです。

作られたメラニンをうまく排出することができれば、 シミに悩むこともありません。 でも、今顔にシミが見当たらないからといって 油断していてはいけないのです。 なぜなら、シミは徐々にできるのではなく、気付いたら出現していて、 ショックを受けることがあるからです。

皮膚の奥の見えないところで、シミができる条件が 少しずつ整っているというわけです。 多くの人が夏の強烈な日差しを避けようと、日焼け止めを塗ったり 日傘をさして防御します。 でもこの時期だけでなく、紫外線は年中降り注いでいるのです。

もちろん体のために、適度に日光を浴びることは大切です。 でも紫外線を浴びてしまうことも、同時に考えておかなければなりません。 シミ一つ無いように見えて、実はメラニンが少しずつ 蓄積されているかもしれないのです。 日頃から紫外線に無防備な生活をしていると、 ある日顔に大きなシミを発見してうろたえることになりかねません。

また、紫外線以外にもメラニンが作られる原因となるものがあります。 それはお肌への刺激です。 女性はメイクをしたりクレンジングをするなど、顔に触れる機会も とても多いですよね。 その一回一回を丁寧にするかいい加減にするかで、お肌への刺激の具合は ずいぶん異なってしまうのです。

↑ PAGE TOP