生理前のお肌と上手に付き合う為には?

生理と肌荒れの関係とは

1ヶ月の中で女性のホルモンは大きく変わります。このような女性ホルモンの変化は、当然肌にも大きな影響を与えます。これを理解するためには、「黄体ホルモン」と「エストロゲン」の役割を知る必要があります。

黄体ホルモンは生理前に分泌されるホルモンです。子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に保ち、乳腺を発達させるなどの作用があります。これによって皮脂の分泌が増えて、ニキビができやすくなります。またシミもできやすくなり、むくみやイライラの原因にもなります。

この時期は、肌が普段よりも弱くなっていると考えましょう。スキンケアには敏感肌用の化粧品を使うようにして、最低限の保湿のお手入れにとどめておいた方がいいようです。さらにシミができやすい時期なので、紫外線には注意をします。

エストロゲンは生理後に分泌が高まるホルモンで、肌にみずみずしさを増し、コラーゲンを増やすなどの作用があります。エストロゲンは、生理周期を維持することに役立っているホルモンですから、無理なダイエットをして生理が止まってしまうと、肌がボロボロになってしまうのも当然のことです。

生理期は、妊娠が成立しないと、子宮内膜ははがれ落ちることになり、生理が始まります。この時期は、エストロゲンも黄体ホルモンも分泌量が少ない時期です。この時期は黄体ホルモンが減るため血行不良になり、体が冷えやすく、肌荒れもおこしやすくなります。

エストロゲンは、思春期の頃から急激に増え、30代後半から徐々に減り始め、閉経とともに急激に低下します。そのため、10代の肌はみずみずしく維持され、30代くらいから、お肌の曲がり角といわれます。

エストロゲンがそれほど美肌に貢献しているのなら、増やすことでアンチエイジングができるかというと、そう簡単にはいかないようです。ホルモンは、少量でも人体に多大な影響を与えます、一生かけてスプーン2杯分くらいしか分泌されないといわれるくらい少量で体に大きな影響を及ぼすものです。

↑ PAGE TOP